スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    << ピコニーモ素体買いました | main | 7/1恋鞠オフ >>

    Haruka Shimotsuki Original Fantasy Concert 2012 -FEL FEARY WEL-

    0

      終わってからもうずいぶん経っちゃった。6/30に日本青年館で行われた
      Haruka Shimotsuki Original Fantasy Concert 2012 -FEL FEARY WEL-
      についてのちょっとした覚え書きです。

      日本青年館

      Lv.4ライブのときのシモツキンとシモーネさん。
      日本青年館前でいちまい。
      シモツキンは恋鞠ヘッドドレスつけてる。
      シモーネさんの名前の由来は青の歌姫の
      ジュリエッタ・シモーネ・デル・ヴィスコンティエ嬢(声:霜月はるか)で
      ゆかりがあったりするので連れてきてみた。

      グリオット

      自作のグリオットペンダントつけていきました。
      下のはパンフレット。

      グリオット2

      もう一枚。ブックレットの挿し絵と一緒に。

      たたみます。

      ◇◆◇

      グッズ

      今回買ったグッズ。ペットボトルホルダー、ルバーブ村に行ってきました瓦せんべい、
      ぬいぐるみSSとパンフレット。行けなかったティンダーリアコンサートのパンフも買った。
      おかしいなあ当初はパンフとペンライトだけ買えばいいやって思ってたのに…。
      終演後だったのでけっこう並んで買ったんですけど、いつも空いてる時間にさくっと買うので
      並ぶの新鮮でした。今回出るの遅れた上にちょっと会場まで迷って
      事前販売に間に合わなかった…。
      終演後のローザとシトラのアナウンス聴いてたせいで出るの遅れてさらに長蛇。

      シモツキン

      Lv.4のシモツキンと今回のシモツキン。
      携帯につけて連れまわしてたのでだいぶ黒ずんでる…。

      瓦せんべい

      瓦せんべい。かわいい…。味もよかったです。
      恋鞠ヘドレのシモツキンSSと一緒に。
      ってかちょっと思ったんですけどルバーブ村の名物って漬け物ですよね。
      漬け物がライブグッズになってたらどうしただろう…とても売れる気がしない!



      会場アナウンスはローザとシトラ。
      メシャリア候補に昔から伝わる重要なお仕事、ということで
      諸注意事項とかグッズについてとか。
      ローザが王都に行く前の時間軸っぽくて仲良さげで泣ける。
      物販ですが、ペンライトが開演前に売り切れて泣く泣く席に。
      開場から開演まで一時間あると思い込んでたら30分しかなかったんで
      他の物販も終演後に回すことにした。
      余裕ぶっこいてないでもっと早く並べば良かったなー。
      席は二階の前から3列め。わりと見晴らしがよくてA席だけど満足。
      近くには関係者シール貼ったひとたちもいたしそこそこの席だったな。
      …周りも持ってない人多めの位置でペンライトないの誤魔化せてちょっと良かった。
      ステージに向かって斜め左側だったので、開演直後に表示された
      グリオットのロゴとかはステージの幕と投影とで二重には見えちゃってたけど。

      WYRDRAD
      Guitar / Bandmaster:渡邉"nabeken"賢一 Drums:矢吹 正則
      Bass:河瀬 英樹 Keyboard:矢吹 卓 Violin:kanaco

      ◆グリオットの眠り姫

      そんなこんなでグリオットの眠り姫スタート。
      しもつきんは青いドレス。たぶんコンサート特設のドレスと同じ?
      三段くらいになってるスカートがかわいい。
      袖口は肘くらいから垂れ下がるデザイン。あんなの作りたいなあ。

      ◇滅びの理
      滅びの理は全部アリア語の曲ですが、スクリーンに日本語訳と
      横スクロールのムービーが流れてました。
      例によって二重に見えてたんで読めなかったけど。
      始まった途端になんだかそこに居られる事実自体に感動してきて
      涙ぐみ始めたわたし。

      ◇消えない欠片
      テーマ曲。スクリーン上がってここからしもつきん登場だった気がする。
      やっぱ好きだなあこの曲。盛り上がるね!

      曲終わりで舞台の書き割りの入れ替え。森だの木だのが降りてきて、
      照明でローザとシトラを表す演出が入ります。
      誕生日の夜に二人で抜け出すあのシーンですよう。
      この辺でもう泣いてるわたし。

      ◇選ばれた民
      ルバーブ村。
      他もだけど、曲中はスクリーンでイメージ映像的なものが流れてたような覚えが。
      メディアプレーヤーの視覚エフェクトみたいな感じで。

      曲のあと、シトラの照明がついて、ナレーションで旅立ちまでのあれこれが語られます。
      エルフィン…。

      ◇彼方への旅路
      漫画版第1巻限定版についてたドラマ&ミュージックCDの曲。
      本編CDだけだと選ばれた民から直でお姫様と道化師に行くから
      ちょっと飛びすぎの感があったので、時系列順に旅立ち曲補完されて良かったー。

      ここも曲終わりでシトラのナレーション入ったかな。

      ◇廃墟に咲く花
      第2巻の限定版特別付録CDから。
      カルダモンきたー。

      ◇お姫様と道化師
      ウォルド!…まあ出てきませんけど酒場のシーン。
      みんなで手を叩いて楽しく聴いてました。
      陽気でだいすきだー。

      この辺のどこかでローザのナレーション入ったかな?

      ◇斑の王国
      王国の闇についての曲。
      さすがの迫力。低音しもつきんも好き。かっこいいよー。
      ここにローザのナレーション。
      フェリアの件でシトラとの差に悩むローザですね…ううう切ない。

      ◇独り夢
      ローザの曲。
      好きだー…ローザかなしい…。

      シトラのナレーション。
      フェリアの声はシトラにはふつうに聞こえるんだよねえううう。

      ◇空渡し
      滞った流れを促すうた。
      曲の盛り上がったところでシェリアのロゴとフェリアのロゴが重なる演出!
      これにはぞわっときた。泣いた。いやあここ演出良かったなー。

      ◇絆の花
      第一部完。って感じの曲。
      この完!って後に二部が来るのがゲームっぽくて聴くたび
      グリオットのゲームやってみたくなる。うたで補助だの回復だの…って
      なにそのアルトネリコ?

      シトラのナレーション。

      ◇終焉の刻へ
      気分的に第二部スタート!
      村が焼き討ちに遭ってるシーンですけどその火がすごい。
      紗幕が降りててしもつきんは中にいるんですが、
      幕に投射された焔のゆらめきが凄くてほんとに火の中に立ってるみたいだった。
      振り付けも気合入ってたな。いつもよりキレがいい感じでかっこよかったです。
      封音祭壇がスクリーンに。舞台上左奥の階段から上がるとちょうど祭壇に繋がる感じ。
      ローザのナレーションがあって、それに合わせてしもつきんが階段を登ります。
      動きと相まってほんとにローザがそこにいるみたいだった…。

      ◇羽に縋る者
      スクリーンの祭壇が動いて準備整ったとこで曲スタート。
      「いのちのうた」の録音シーンですね。
      ローザのこと考えると聴いてるのつらいですね…。
      でもすごくかっこいい。自作のグリオットペンダント握り締めて聴いてました。

      シトラのナレーション。間に合わなかったね…。

      ◇氷る世界
      グレインの曲。
      グレロザおいしいっすね悲しいっすねううう。
      砂アリのほうでフォーグとセシアラもおんなじ結末になって、
      でもこっちの悲劇を招いたのはフォーグだからな…。
      グレインは狂っちゃわないでよかった。

      ◇逆廻りの命
      ローザのうたをシトラのうたが打ち消すシーン。
      照明でシトラの位置が示されてますが、再生中のローザにも照明が。
      そこに本人がいないのにうただけが流れてるって感じが
      よく表されててぐっときた。

      ◇FEL FEARY WEL
      エンディング。
      ラストで沈んでいくローザのグリオットの映像が。
      最終的に海底に着いてCDの通常版ジャケットの絵に。
      既に泣いてたけどさらにぼろぼろに泣くよねもう…。自前のペンダント握り締めつつ。
      …ありがとう。

      ◆10分間の休憩(FMC日本青年館支店)
      FEL FEARY WELで泣いてるとこに突然の\しもーっす/
      ちょ、反応できんかったよもう。しもつきんまじしもつきん。
      反応できなかった人向けに2回目の\しもーっす/が用意されてましたが!
      うかうか泣かせてもくれないしもつきん。
      スクリーンには「休 ○(←シモツキン) 憩」ってなってた。

      休憩タイムの10分の間はFMC日本青年館支店として録音の音声が流れてました。
      遠慮なくお手洗い行っていいですよ〜って言ってたけど
      まあだいたい座って聴いてましたね会場。
      いつものラジオのような進行でグッズ紹介とかしてました。

      ◆ゲストとのトークコーナー
      休憩終わってゲスト作曲家陣4人としもつきん登場。
      岩垂徳行さん、なるけみちこさん、弘田佳孝さん、MANYOさんですね。
      しもつきんはなぜか真っ黒いマント?ガウン?的なものを羽織っています。
      岩垂さんの挙動がいちいちかわいい…と思う一介のファンです。
      一言ずつコメントもらったりしてた。

      ◆零れる砂のアリア
      ここからは零れる砂のアリアに。どこかでアコーディオン弾いてた気がするけど
      どこだか全然思い出せないので書かないことにする。
      黒い上着を脱いで白のドレスになってたしもつきんが登場。
      椅子に座ってナレーションから入ります。

      ◇序章
      ◇第一章 悪夢
      フォーグがセシアラに会うまでの部分。
      ここはなるけさん担当。なるけさんの衣装が冒険者風でかわいかった!
      めるひぇんの旅歩きの楽士の衣装にもちょっと似てた?帽子かぶってたしね。
      なるけさんは笛とコーラス。左奥の階段上で。
      この曲で好きなのはフォーグが力尽きかけてるあたりかなあ。

      ◇第二章 邂逅
      フォーグとセシアラが打ち解けていくところ。
      花祭りのとこ好き。ティンダーリアの時代には町のお祭りだったのに
      砂アリ時代にはルバーブ村での祭りになってるんですね。
      MANYOさん作編曲。
      キーボードで参加。まにょさんの生演奏はぁはぁ。

      ◇第三章 帰郷
      二人が結婚してからカルダモンでセシアラがうたうまで。
      このときまでは幸せだったのに…ぐすん。
      岩垂さん担当部。ホルン吹いてらした!好きだから嬉しいなー!

      ◇第四章 狂気
      事件があってフォーグが狂ってグリオットに続く部分。
      三章で出てきたメロディがここでおかしくなる部分がすごく好き。
      弘田さんはギターかな。かっこよかったです。

      ◇終章
      終章はしもつきん作編曲。
      展開が涙腺へ波状攻撃を仕掛けてくる。
      選ばれた民と同じ歌詞がありますね…。ちょっと違うけどいのちと約束とも。

      ◆アンコール
      メンバー紹介ここだったかな?みんなTシャツ。
      紹介後それぞれシモツキンぬいぐるみSを客席に放り投げます。
      二番目くらいに投げられたしもつきんぬい領復シュシュの女の子が取ってたなー。
      うらやましい。矢吹さんのだっけ?
      坂さんは出てくるときシモツキン落っことしてたw

      ◇schwarzweiβ〜霧の向こうに繋がる世界〜
      予想外のシュバルツヴァイス!
      ティンダーリア世界系列曲の何かで来るかと思ってたけど嬉しい誤算。
      最近ライブで聴く頻度上がってる気がするね?
      ランキングもいつも上位だしみんな好きですね!
      2階席だったので立てなくて残念。でもちゃんと腕振ってノッたから問題ない。

      しもつきん囲んでペンライト振り振り回る作曲家陣。わらった。
      ペンライトでチャンバラとかもしてたな。
      先に青いライトセーバー振り回したのはしもつきんだけど。ペンライト伸びた!とか言って。
      坂さんが赤いライトセーバー振り回してましたね。大活躍。

      あとかなこさんのソロヴァイオリンがとんでもなくかっこよかった。
      ソロギターのとこをエレキヴァイオリンでやるとああなるんですね…!
      舞台の前方に設置してあるモニターに片足かけて弾いたり。
      エレキすごい。

      ◆お知らせタイム
      コミケ新譜とワークスアルバムと伊豆旅行のお知らせ。
      旅行か…日程的にとても無理そうなので見送りだなあしょぼん。

      ◇導きのハーモニー
      ラスト曲。客席でやるコーラスもみなさん慣れたもんですね。
      引き続きいろいろと動いてる作曲家陣。
      楽しくみんなでうたって終了となりました。

      3時間くらいやったのかな?17時スタート20時くらい終演でした。
      Revoさんからのお花来てたの写真撮りたかったけど開演前はばたばたしてたし
      終演後も物販並んでるうちに閉められちゃって断念。ぐぬぬ。
      あと心残りといえば蒼玉の泪聴きたかったことくらいかなあ…時系列順だと
      どこにも入らないからなあ。この曲の位置づけがまだ把握できてません。
      水唱石の由来とかの話っぽいけど。

      ティンダーリアのコンサートには行けなかったので、
      今回グリオットと砂アリコンサートには参加できてすごくよかったです。しあわせ。
      楽しいコンサートをほんとにありがとうございました!
      願わくばそろそろラグクーア世界のコンサートも観てみたいところ。
      いつか実現するといいなあ。
      あと今回のDVDもしくはBD発売も待ってる!

      | ライブレポ | 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      0
        | - | 06:20 | - | - | - | - |
        Comment









        Trackback
        url: http://02010801.jugem.jp/trackback/122

        08
        --
        1
        2
        3
        4
        5
        6
        7
        8
        9
        10
        11
        12
        13
        14
        15
        16
        17
        18
        19
        20
        21
        22
        23
        24
        25
        26
        27
        28
        29
        30
        31
        --
        >>
        <<
        --
        Profile
        PR
        New entries
        Archives
        Categories
        Recent comment
        ブクログ
        Twitter
        Mobile
        qrcode
        Links
        Others
        無料ブログ作成サービス JUGEM